目の下に出来たクマやたるみに悩んでいる人は必見!美容豆知識

レディー

脂肪の膨らみが原因

注射治療

メイクで隠せない場合

目の下にできるクマには、色素沈着による茶色のものや、血行不良による青色のものなどがあります。これらはいずれも、肌の内部で生じているクマなので、肌の表面をメイク化粧品で覆えば、隠すことできます。しかし目の下のクマには、脂肪の膨らみによる影が原因となっている、黒色のものもあります。これは、膨らみという物理的な要素がからんでいるので、表面をメイク化粧品で覆っても隠すことはできません。ところが美容外科でなら、この脂肪を引き上げる、あるいは抜き取るという方法で、膨らみ自体を除去することが可能となっています。膨らみが除去されれば、影による黒いクマもなくなりますし、目元の腫れぼったさが少なくなることで、くっきりとした目に見えるようになります。

施術の方法やメリット

目の下の脂肪を引き上げる施術は、主に糸によっておこなわれています。目の下の皮下組織に糸を通し、それを目尻からこめかみに向かって引っ張るのです。すると糸と一緒に脂肪が引っ張られ、丸めた粘土を引っ張るように、皮下脂肪が一箇所に固まった状態ではなくなるのです。また、脂肪を抜き取る施術は、まぶたの内側をレーザーメスでわずかに切開することでおこなわれます。その状態で目の下を圧迫すると、切開した部分から脂肪があふれてくるので、それを適度に抜き取るのです。いずれの施術も、整形手術の中では比較的簡単なものなので、日帰りで受けることができます。また、クマだけでなく目元の小じわも一緒になくなるというメリットもあります。